建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

社会保険の加入が建設業許可要件となります。

 

令和2年10月に改正建設業法が施行

令和2年10月から社会保険未加入の事業者は建設業許可・更新が認められなくなります。
改正建設業法によって、社会保険料節約のために従業員を一人親方として独立させ、当該(元)従業員と請負契約を結ぶことが想像に難くありません。

国土交通省は、社会保険加入を許可要件とすることで懸念される一人親方量産の抑制策を検討しています。
具体的には一人親方の実態調査を行うほか、実態上従業員として現場に出ている一人親方への偽装請負の防止策なども議論する予定です。

(参照:建設業許可行政庁による社会保険等未加入業者への加入指導状況
(参照:建設業における労働保険、社会保険の加入義務等

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 建設業の許可に係る書類の見直し
  2. 外国人技能実習生は建設キャリアアップシステムの登録を義務化
  3. 建設業許可制度の概要
  4. 新規建設業申請書類一覧
  5. 建設業許可申請における資金的要件(財産的基礎)
  6. 建設業許可に係る申請書類・確認書類について
  7. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所 建設キャリアアップシステム(CCUS)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!