宅地建物取引業免許の申請

宅地建物取引業とは

(1)宅地建物取引業の範囲
宅地建物取引業(以下「宅建業」という。)を営もうとする者は、宅地建物取引業法(以下「宅建業法」という。)の規定により、知事または国土交通大臣の免許を受けることが必要です。宅建業とは、不特定多数の人を相手方として宅地又は建物(以下「宅地建物」という。)に関し、下表の○印の行為を反復または継続して行い、社会通念上、事業の遂行と見ることができる程度の業を行う行為をいいます。

宅建業を営むには、宅建業法に基づく免許が必要になります。

区分自己物件他人の物件の代理他人の物件の媒介
売買
交換
貸借×

 自己所有地を不特定多数の者に分譲することは、宅地建物取引業者(以下「宅建業者」という。)が仲介するしないにかかわらず、宅建業となります。
 不動産業であっても、不動産賃貸・管理業(不動産賃貸業、貸家業、貸間業、不動産管理業など)は宅建業には該当しません。

(2)宅地建物の範囲宅地建物取引業の対象となる「宅地」とは、次のものです。

建物の敷地に供せられる土地用途地域の内外、地目のいかんを問わず、建物の敷地に供せられる土地であれば全て該当します。現に宅地として利用されている土地だけでなく、宅地化される目的で取引されるものも、宅建業法上の「宅地」となります。
用途地域内の土地道路、公園、河川、広場、水路の用に供せられる土地を除きます。

(3)宅建業者または宅建業免許取得を予定している方へ
 宅地建物の取引は、一般消費者にとって、他の取引と比べ、生涯に一度程度しか行われないものであり、その取引に関する知識と経験を十分に有していないで取引に臨む場合もあります。
 そのため、宅地建物取引を業として行う者には、その資格として、申請者(代表者)、役員、政令使用人、専任の宅地建物取引士等が宅建業法に規定する欠格要件に該当しないこと、事業を行うにあたり営業保証金等を供託すること等、宅建業法を遵守する義務が課されます。

(4)免許の有効期間
 宅建業の免許の有効期間は5年間です。
 有効期間は、免許日の翌日から起算して5年後の免許応答日までです。
このとき、有効期間の最終日(免許満了日)が日曜・祝日などであるかどうかにかかわらず、満了日をもって免許は失効し、満了日の翌日からは宅建業を営むことができなくなります。
 有効期間満了後も引き続いて宅建業を営む場合には、免許の有効期間満了日の90日前から30日前までに、免許の更新申請をする必要があります。

(引用元:大阪府 宅地建物取引業免許申請の手引

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!