建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

古物商の許可申請必要書類一覧

 

意外と知らない?
古物商の許可が必要なケースをご紹介します。

ケース1

  1. 古物を買い取って売る。
  2. 古物を買い取って修理等して売る。
  3. 古物を買い取って使える部品等を売る。
  4. 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  5. 古物を別の物と交換する。
  6. 古物を買い取ってレンタルする。
  7. 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  8. これらをネット上で行う。

上記は、古物商許可が必要です。

ケース2

  1. 自分の物を売る。
    (自分の物とは、自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物のことです。最初から転売目的で購入した物は含まれません。)
  2. 自分で購入した物をオークションサイトに出品する。
  3. 無償でもらった物を売る。
  4. 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  5. 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  6. 自分が海外で買ってきたものを売る。
    (「他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る」は含まれません。)

上記は、古物商許可は必要ありません。

ケース3
古物商間で古物の売買、交換のための市場を主催する。
上記は、古物市場主(いちばぬし)許可が必要です。

ケース4
誰でも利用できるフリーマーケットを主催する。
上記は、古物市場主許可は必要ありません。

ケース5
インターネット上でオークションサイトを運営する。
上記は、古物競りあっせん業の届出が必要です。


古物商の許可申請に必要な書類は次のとおりです。

  • 法人の登記事項証明書
  • 法人の定款
  • 住民票
  • 身分証明書
  • 登記されていないことの証明書
  • 略歴書
  • 誓約書
  • URLを届け出る場合は、プロバイダ等からの資料のコピー

許可後には、古物営業法改正に係る主たる営業所等の届出が必要となります。

法人と個人では必要書類が異なります。
また、これらは大阪府において申請する際に必要な書類となります。
詳細は各都道府県の管轄警察署にお問い合わせ下さい。

(引用元:大阪府警 許可・届出の確認
(引用元:大阪府警  古物商許可申請

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!