建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

運送業の許可の要否

運送業の許可の要否|大阪の運送業許可に特化した行政書士
 

運送業とは?

「運送業」とは、一般的にはトラックを使用して貨物を運送する事業形態のことを指します。
この事業形態のことを、正式には一般貨物自動車運送事業と言います。
また、運送業は3種類に分類することができます。

  • 一般貨物自動車運送事業
  • 特定貨物自動車運送事業
  • 貨物軽自動車運送事業

運送業許可が不要なケース

運送業を営むためには、運送業の許可を取得しなければなりません。
ただし、次のケースにおいては、運送業の許可が不要です。

自社の貨物を運送する
自社の製造品や商品を工場や取引先までトラックで運送する場合には、運送業の許可が不要です。

不特定の者から依頼を受けて運送しているわけではなく、自社製品などを運送する場合には運送業には該当しません。

法律では、荷主(企業や個人)の依頼を受けて貨物を運ぶ行為を運送業と定義しているため、自社の荷物を運ぶ場合はこの定義から外れるというわけです。

貨物は運ぶが、運賃が発生しない
運賃を請求せず、無料で貨物を運送する場合には、他社製品であっても運送業の許可は不要です。

ただし、ここでひとつ注意が必要です。

建設業で多くみられるのが、現場まで建設資材を運送する場合に工事の請負金額の中に運賃を含ませている事業者様がいらっしゃいます。
請求書の項目からは運賃を取っていることが読み取れませんが、こういった場合には運送業の許可が必要です。
請求書の書き方次第で運送業の許可を取得しなくても問題ないと考える事業者様がいらっしゃいますが、ご注意ください。
健全な経営をしていくためにも、運送業の許可やその他必要な許可は取得することをおすすめしております。

では、グループ会社(親子・兄弟会社)の荷物を運ぶ場合はどうでしょう。

例えば、製造業の会社が運送を子会社に任せていた場合に、その運送に運賃が発生するのであれば運送業の許可が必要です。

軽自動車(軽トラ)で貨物を運送する
軽自動車を使用して貨物を運送する場合には、運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可は不要です。

ただし、軽自動車を使用して貨物を運送する場合には、「貨物軽自動車登録」が必要です。

バイクを使って貨物を運送する
二輪自動車で貨物を運送する場合は、有償であっても運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可は不要です。
バイク便などが、これにあたります。

ただし、二輪自動車を使って運送業を行う場合には、軽自動車と同様に「貨物軽自動車登録」が必要です。
なお、排気量が125cc未満の二輪自動車は、貨物軽自動車登録すら不要です。

大阪で運送業の許可を取得する際には、お気軽にご相談ください。

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 運送業の法令試験
  2. 運送業におけるプレハブ最強説
  3. 運送業の許可要件項目
  4. 回送運行許可番号標|大阪の運送業特化行政書士 堀内法務事務所 回送運行許可番号標
  5. 回送運行の許可基準|大阪の運送業特化行政書士 堀内法務事務所 回送運行の許可基準
  6. 運輸局はなぜコンプライアンス遵守にうるさいのか?
  7. 自動車運送事業の規制強化について
  8. 運送業(一般貨物自動車運送事業)に使用できるトラックの種類は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!