建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

風俗営業と深夜酒類提供飲食店営業

 

風俗営業の許可を取りたい

飲食店営業の許可をお持ちのお客様から 「風俗営業の許可を取りたい」 との、お問い合わせをいただきました。
当該お客様は飲食店の許可は取っているが、風俗営業の許可を取っていないので警察から指導を受けたとのことでした。

それでは、早速お会いしましょうということで事務所にお越しいただきました。

必要なのは風俗営業ではなく、深夜酒類提供飲食店営業

来所いただき、経緯をお伺いすると「警察から風俗営業の許可申請と深夜酒類提供飲食店営業の届出をするよう指導された」とのこと。

しかし、風俗営業は深夜0時までしか営業できません。
そして、深夜酒類提供飲食店営業は深夜0時以降に営業する場合に行う届出です。

この矛盾する指導が本当にあったのかはさておき、本件においては両方行う必要はなく、深夜酒類提供飲食店営業のみで構わない旨を伝えました。

必要な手続きを行う

このように、風俗営業と深夜酒類提供飲食店営業の違いはあまり周知されていません。
お客様はご自身で調べて、その結果、行政書士に辿り着くということは往々にしてございます。
しかし、そもそも必要な手続きを勘違いしている可能性もございます。
よって、しっかりとお客様から聞き取りすることによって、お客様に必要なサービスを提供することが必要です。

行政書士 堀内法務事務所では、飲食店営業・風俗営業・深夜酒類提供飲食店営業を得意としており、寝屋川市を拠点に、近畿エリア(大阪府・奈良県・京都府・滋賀県・兵庫県 )にも対応しております。
個人様、事業者様を問わず、お気軽にご連絡くださいませ。

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 受動喫煙防止対策はもうお済みですか?
  2. 期限付きで飲食店も酒類のテイクアウトが可能に|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所 期限付きで飲食店も酒類のテイクアウトが可能に
  3. 改正健康増進法の施行(受動喫煙防止)|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所 改正健康増進法の施行(受動喫煙防止)
  4. 深夜における酒類提供飲食店営業開始届の必要書類

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!