建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

建設業許可申請における資金的要件(財産的基礎)

 

建設業の許可を得ようとする申請者は金銭的信用があることを証明しなければなりません。
これは、申請者が請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有しているのかを確認することを主旨とした要件です。

証明方法としては、次のいずれかを満たすことです。

  1. 直前の決算において、自己資本の額が 500 万円以上であること。

  2. 金融機関の預金残高証明書(残高日が申請日前4週間以内のもの)で、500 万円以上の資金調達能力を証明できること。

  3. 許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績を有すること。(5年目の更新申請者は、この基準に適合するものとみなします。)

それぞれを証明するための資料は次のとおりです。

自己資本の額が500万円以上である者
・ 新規設立の法人にあっては創業時における財務諸表(開始貸借対照表)

・ 新規設立の個人にあっては創業時における財務諸表(開始貸借対照表) + 『2』の書類

・ 1期目以降の決算を終了し確定申告期限を経過した場合は、申請時直前の決算期における財務諸表及び確定申告書の下記の書類
(法人)法人税の確定申告書のうち、税務署の受付印のある別表一 + 決算報告書
(個人)所得税の確定申告書のうち、税務署の受付印のある第一表 + 第二表 + 青色申告決算書又は収支内訳書 + 貸借対照表
※税務署の受付印または税務署の受信通知(電子申告の場合)を必ず確認します。

500万円以上の資金を調達する能力を有すると認められる者
・ 金融機関が発行する500万円以上の預金残高証明書
(何月何日現在の残高証明が申請日前4週間(28 日)以内のもの)
※金融機関が発行した日付(発行日)ではありませんので注意してください。

許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績を有する者
・ 5年目の更新申請者は、この基準に適合するものとみなし、特に書類は不要です。

なお、資本金の額について、申請時直前の決算期における財務諸表では、資本金の額に関する基準を満たさないが、申請日までに増資を行うことによって基準を満たすこととなった場合には、資本金の額に関する基準を満たしているものとして取り扱います。

この取扱いは資本金に限ったもので、自己資本は財務諸表で基準を満たすことが必要です。

(参照元:建設業許可申請の手引き(令和元年6月改訂版)

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所 建設キャリアアップシステム(CCUS)
  2. 新規建設業申請書類一覧
  3. 建設業許可に係る申請書類・確認書類について
  4. 社会保険の加入が建設業許可要件となります。
  5. 建設業の許可に係る書類の見直し
  6. 外国人技能実習生は建設キャリアアップシステムの登録を義務化
  7. 建設業許可制度の概要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!