建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

自動車の区分について

自動車の区分について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
 

自動車の種類

自動車の種類及び区分方法は、道路運送車両法によるものと道路交通法によるものとがあります。

自動車の検査、登録、届出、強制保険については道路運送車両法による分類が、運転免許、交通取締については道路交通法による分類が用いられています。


道路運送車両法による区分

普通自動車小型自動車、軽自動車、大型・小型特殊自動車以外の自動車、3ナンバーの乗用車、トラックなど
小型自動車総排気量が660cc超2,000cc以下で、大きさが長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下の自動車(軽油を燃料とするものは除く)
軽自動車総排気量が660cc以下で、大きさが長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下の自動車
大型特殊自動車小型特殊自動車以外のショベル・ローダ、フォーク・リフト、ロード・ローラ、農耕用作業自動車、ポール・トレーラなどの特殊自動車
小型特殊自動車大きさが長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.8m以下のショベル・ローダ、フォーク・リフトなどで、最高速度が15km/h以下の自動車農耕用作業自動車で最高速度が35km/h未満の自動車

道路交通法による区分

大型自動車車両総重量11トン以上、または最大積載量6.5トン以上の自動車、乗車定員30人以上の自動車
中型自動車車両総重量7.5トン以上11トン未満、または最大積載量4.5トン以上6.5トン未満の自動車、乗車定員11人以上30人未満の自動車
準中型自動車車両総重量3.5トン以上7.5トン未満、または最大積載量2トン以上4.5トン未満の自動車、乗車定員10人以下の自動車
普通自動車車体の大きさなどが、大型自動車、中型自動車および準中型自動車などのいずれにも該当しない自動車、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満乗車定員10人以下の自動車

まとめ

区分の定義は状況によって適用される法律が異なります。
状況ごとにどの定義が適切か判断する必要があります。
あまり法律を意識して区分している方は少ないでしょうが、それぞれの違いを理解することで自動車への知識が深まります。

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 寝屋川市で車庫証明を取る方法|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所 寝屋川市で車庫証明を取る方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自動車の区分について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  2. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  3. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  4. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  5. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  6. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  7. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  9. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!