建設業・運送業に限らず、お困りごとは大阪府寝屋川市の行政書士堀内法務事務所へご相談ください!

 

実質的支配者となるべき者の申告制度

 

平成30年11月30日の改正により、定款認証の嘱託人は法人成立の時に実質的支配者(法人の事業経営を実質的に支配することが可能となる関係にある個人)となるべき者について、その氏名、住居及び生年月日等と、その者が暴力団員及び国際テロリスト(いわゆる、反社会的勢力を指す。)に該当するか否かを公証人に申告しなければなりません。

本改正に該当する法人は次のとおりです。

  • 株式会社
  • 一般社団法人
  • 一般財団法人

この改正の趣旨は法人の実質的支配者を把握することにより、反社会的勢力が法人を不正に使用し、マネーロンダリング等を抑止することを目的とされています。

実質的支配者となるべき者の申告をするタイミングは定款認証の嘱託までとされています。
日本公証人連合会では、迅速かつ的確な定款認証・法人設立を実現するためにも、定款案の点検を公証人に依頼される際、併せて実質的支配者となるべき者に関する申告することをお願いする旨の記載があります。

実際に、点検をお願いする際には定款案、申告書及び、実質的支配者となるべき者の本人特定事項等が明らかになる資料を公証人にお渡しします。

ただ、この実質的支配者となるべき者の本人特定事項等が明らかになる資料については公証人または公証役場単位で要求する書類が違っています。

運用開始直後は印鑑証明だけで構わないとおっしゃる公証人もいらっしゃいましたが、最近では印鑑証明と顔写真付きの証明書類(運転免許証の写し)を求められるので、この2点を添付しています。

今のところ、実質的支配者となるべき者の本人特定事項等が明らかになる資料においては、この2点が最強の組み合わせだと思われます。

実質的支配者となるべき者の申告書(株式会社用)

 

お気軽に、ご相談・ご依頼くださいませ

 

関連記事

  1. 定款の絶対的記載事項【目的】
  2. 定款の絶対的記載事項【発行可能株式総数】
  3. 定款の絶対的記載事項【商号】
  4. 定款の絶対的記載事項【発起人の氏名又は名称及び住所】
  5. 定款の絶対的記載事項【本店所在地】
  6. 定款の絶対的記載事項【設立に際して出資される財産の価額又はその最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!