改葬の許可申請

改葬とは

改葬とは、一度埋葬した遺体や納骨した遺骨を別の墓地や納骨堂などへ移すことをいいます。
所謂、「墓じまい」を指します。

お寺に設置しているお墓の撤去や移転により、檀家を離れる、やめることを「檀離」といいます。
「お寺にお墓はあるが、檀家ではない。」と思っている方もいらっしゃいますが、お寺にお墓を設置している場合には原則としてそのお寺の檀家になっていると考えて差し支えありません。

よって、墓じまいするとは「檀離」することだと考えましょう。

改葬には許可が必要です

改葬を行おうとする方は、墓地,埋葬等に関する法律第5条により、遺骨が納められている墓地や納骨堂の所在地の市区町村の許可を受けなければなりません。
したがって、墓地や納骨堂から改葬をする場合は、管轄市役所での手続きが必要です。

なお、焼骨の一部を移す行為は、「改葬」には当たりません。その場合は、墓地又は納骨堂の管理者から埋蔵又は収蔵に関する証明書(納骨証明書)の発行を受け、新たな墳墓のある墓地や新たに収蔵される納骨堂の管理者にこれを提出することが義務付けられています。

まずは墓地を管轄する市役所に相談してみましょう。

悪質なお布施要求

離檀するときには、慣例としてお布施をお包みします。
これが「離檀料」として、扱われることが多いです。

しかし、法外なお布施(離檀料)を請求され、トラブルとなるケースも少なくありません。
法外なお布施を要求し、支払わなければ離檀を認めないなどという事例もあるようです。

また、お布施とは別に墓石業者を指定し、その墓石業者からの請求が高額となる場合もあります。
その中に改葬許可申請手続き費用が含まれることがあるそうですが、納得いかなければ第三者である弁護士や行政書士に相談してみましょう。

おおまかな流れ

  1. お寺・霊園と打ち合わせ
  2. 各業者と打ち合わせ
  3. お墓のお性根抜き(閉眼供養)
  4. 改葬許可申請の作成及び提出

その他、ご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

最近の記事

  1. 弊所が一時支援金の登録確認機関として登録されました|行政書士堀内法務事務所
  2. (仮称)大阪府営業時間短縮協力金|行政書士堀内法務事務所
  3. 生活保護|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  4. 建設業キャリアアップシステム(CCUS)|行政書士堀内法務事務所
  5. 巡回指導対策|行政書士堀内法務事務所
  6. 家賃支援給付金|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  7. 持続化給付金の申請の支援に係る留意点について|寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所
  8. 整備管理者 選任後研修|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  9. アルコール検知器に関するQ&A|大阪の運送業許可に特化した行政書士
  10. 点呼の実施と記録|大阪の運送業許可に特化した行政書士
PAGE TOP

寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所では、建設業・運送業の許可申請を得意としてます。
その他にも飲食店営業許可・風俗営業許可・自動車登録・改葬許可・任意後見業務・産廃収集運搬業許可・遺言書作成及び執行など、様々な業務を取り扱っております。
個人さま、事業者さまを問わず様々なご依頼に対応しております。
ご依頼、ご相談は寝屋川市の行政書士 堀内法務事務所へお願いいたします!
相談料無料です。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ!